【体験談】茶臼岳登山でおすすめの服装!見頃時期や登山ルートも紹介

実際に茶臼岳登山をした私の体験談をもとに、茶臼岳登山でおすすめの服装はどんな服装なんだろう?と悩んでいるあなたの悩みを解決します!

季節によって気温が変わりやすい山だからこそ対策をしたいですよね。

ぜひ、この記事を参考にしてほしいなと思います。

目次

茶臼岳登山でおすすめの服装!

私が実際に茶臼岳登山で着た服装は、汗を吸収しやすいインナー、速乾性のあるTシャツです。

そして、天気が変わりやすい山は体温調節が大事だと思ったので、脱ぎ着しやすい前開きのパーカーを持っていきました。

茶臼岳に登った時期が8月だったので、替えのTシャツを2枚持っていきました。

登山を終えた後に着替えて帰ることができたのでよかったです。

茶臼岳登山をする場合は、3月〜6月、9月〜10月は汗はかきますが、気温は寒いくらいなので体温調節をしっかりできるようなセーターやアウターがあるといいです。

11月からは冬と同じなので、冬用のアウターやウェアーが望ましいです。

登る時は登山靴があるといいですが、私はトレッキング用の靴を履いていきました。

特に問題はなかったのですが、次から登山靴の方がいいかなーと軽い気持ちで思ったぐらいです!

そして、最近は女性用の可愛いウェアもあるので、オシャレを楽しむこともできますよ♪

茶臼岳登山の見頃時期はいつ?

茶臼岳は、9月下旬から10月中旬が綺麗な紅葉が見頃の時期です。

秋は気温も丁度良く、山の上でも過ごしやすいのと、綺麗な景色が見られるのでいいと思います。

私が登った夏本番の茶臼岳も緑に囲まれて景色も綺麗でした!

茶臼岳登山の登山ルートも紹介!

今回、私が実際に登ったルートは那須ロープウェイ山麓駅から歩いて茶臼岳と朝日岳を目指しました。

この日は天気も良く、暑すぎるくらいでした。

まずは、休憩場所である2つの山の中間地点峰の茶屋を目指します。

那須ロープウェイ山麓駅から歩くと林道が続くため体力が必要だと実感しました。

そこから、半分くらい歩くと道が開けて岩や石が多くなってきます。

道も整っていて歩きやすく、少しずつ慣れてきました。

そして、峰の茶屋に着くまで50分かかり、その後、少し休憩してから茶臼岳に向かいます。

そこからはほぼ岩が多く、茶臼岳は活火山のため溶岩石が多くありました。

茶臼岳までかかった時間は50分。

その後戻って朝日岳に向かうのに1時間半かかりました、、。

行きは歩いたので、帰りは山頂駅からロープウェイを使いました。長く歩いた道のりをあっという間に降っていくのは少し寂しかったです、、。

おわりに

私が初めて登った山が茶臼岳だったので、服装はもちろん、見頃時期やルートがわからないことばかりでした。

実際に私が初めての登山に茶臼岳を選んだ理由は、初心者でも登山に挑戦しやすく、山頂付近までロープウェイで行けることから、気軽に挑戦ができるんじゃないかなと思ったからです。

ですが、この記事を見て少しでも解決につながると嬉しいです♪

ぜひ、素敵な茶臼岳登山ライフを過ごしてみてください!

 

 

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる